お客様本位の業務運営に関する基本方針

平成29年6月30日
プレミア証券株式会社

プレミア証券株式会社(以下、「当社」といいます。)は、お客様本位の業務運営を推進するため、その考え方や取り組みに関する基本方針を策定いたしました。本方針は、お客様のニーズや当社の業務実態等を勘案して適宜見直すとともに、定期的に取り組み状況を公表することで、さらなるお客様本位のサービス向上に努めてまいります。

お客様の最善の利益の追求

  • 当社は、株式と市場デリバティブ取引(※)の取扱いを主体としたブティック型の証券会社です。市場が異なる複数の投資カテゴリーをワンストップでご提供することで、お客様の投資の裾野を広げ、収益機会を増やし、資産形成の一助になることを目指しております。
    (※) 市場デリバティブ取引の取扱いは現在、日経225先物取引(大阪取引所)、取引所為替証拠金取引(くりっく365、東京金融取引所)及び国内商品先物取引(東京商品取引所)の3市場の取引となります。
  • 市場デリバティブ取引は、お客様のニーズに合わせてネット取引と対面取引(※)の両方に対応しております。ネット取引の利便性に加え、対面取引においては、お客様と誠実かつ真摯に向き合い、フェイス・トゥ・フェイスでの安心感を持って頂けるよう、心掛けております。
    (※) 株式取引(現物・信用)は、対面(電話)のみのお取引になります。
  • 対面取引では、専門性の高い投資アドバイザーが相場状況に応じて、お客様本位のコンサルティングに努めてまいります。お客様の信頼を獲得し、長く「Win-Win」の関係を築くことが、結果的にお客様の利益追求と当社の発展に繋がると考えているためです。
  • お客様本位のコンサルティングを実践するため、役職員全員を対象に、倫理観の向上を目的とした研修・勉強会等を定期的に実施しております。また、投資アドバイザー一人ひとりが、幅広い知識とスキル向上を目指して日々研鑽に努めております。

利益相反の適切な管理

  • 当社は「利益相反管理方針」を定め、お客様の利益を不当に害するおそれがある取引を特定・類型化し、利益相反の発生・防止に取り組んでおります。今後も、適切な管理とともに、役職員を対象とした研修等を通じて、利益相反取引に対する意識の向上に努めてまいります。
  • 当社は独立系の証券会社で、社内又は関連会社内に法人営業部門や運用部門を有していないため、特定の銘柄情報や商品提供を受けることはございません。現在、株式と市場デリバティブ取引を主体とした当社のビジネスモデルにおいては、お客様と当社との間で、利益相反となるケースは少ないと考えております。

手数料の明確化

  • 当社はお客様の売買取引に伴い、売買手数料(※1)を頂戴しております。手数料体系は、取扱商品の特性やお客様の投資スタンス(特に、オンライン取引又は対面取引の別)により異なります。取扱商品ごとの売買手数料は、契約締結前交付書面(※2)に表示しております。
    (※1) 信用取引の場合は、売買手数料以外に別途、金利、品貸料等の諸費用がかかります。
    (※2) 契約締結前交付書面は、こちらをご覧ください。
  • 当社は売買手数料が主たる収益となります。売買手数料は人件費やシステム維持費、事務所経費、業務委託手数料等を総合的に勘案して、設定させて頂いております。経費としては人件費が比較的大きな割合を占めるため、手数料の対価に見合った質の高いコンサルティングサービスをご提供できるよう、常に心掛けてまいります。

重要な情報の分かりやすい提供

  • 当社は対面取引が主体となるため、通常、投資アドバイザーが直接お客様に、取扱商品の仕組みやリスク、手数料、市場動向等をご説明させて頂きます。特に、重要事項やリスクとリターンの関係については、より分かりやすく丁寧な説明を心掛けます。
  • デリバティブ取引は比較的短期間での値幅変動が大きいことから、保有ポジションや証拠金のリスク管理が重要になります。リスクをどこまで許容できるかは、お客様の資産や投資目的、投資経験等によって異なります。お客様のご意向を勘案したうえで、適切なリスク管理のアドバイスに努めてまいります。
  • お客様に提供するご説明資料は、表の挿入や箇条書き、計算例の記載等、できるだけ分かりやすい内容に努めてまいります。また、セミナーの開催やレポート配信、ホームページのコンテンツ充実等を通じて、継続的に商品の仕組みや市場動向等の情報を提供させて頂きます。

お客様にふさわしいサービスの提供

  • お客様の属性や投資目的、投資経験等を考慮のうえ、最適と思われる商品とサービスをご提案させて頂きます。特に、お客様がどこまでリスクをとれるかといった「リスク許容度」を重視してご提案しておりますので、場合によってはリスクを抑えた投資手法をご案内させて頂きます。
  • 少ない資金で取引が可能なデリバティブ取引は、投資の資金効率が高く、ハイリターンが期待できる反面、ハイリスクの商品になります。そのため、デリバティブ取引口座の開設をお受けする際は、商品の特性を十分にご理解頂いたうえで、投資目的として「値上がり益重視」のご意向を確認させて頂いております。
  • ご高齢のお客様については、口座開設時に加え、お取引開始後も定期的なヒアリングを実施させて頂き、安心してお取引できる環境を整えております。また、状況によってはご家族から取引等についてご確認を頂くなど、満足度向上に努めております。
  • 当社では、お客様の多くが複数のデリバティブ口座を開設されていることから、各デリバティブ取引口座の実入金(入金-出金)や売買損益等を横断的に管理しております。お客様の金融資産や投資目的、投資経験等に照らし、必要に応じて、お客様に注意喚起を行い、過度の取引防止に努めております。適合性の原則を考慮して、追加投資のご入金をお断りする場合がございます。

従業員に対する適切な動機づけの枠組み等

  • 当社は社員一人ひとりが高い職業倫理を持ち、お客様に誠実・公正に接し、お客様の最善の利益を意識した行動をとれるよう、継続的に社内教育・研修等を実施いたします。毎月実施するコンプライアンス研修のほか、適時、社内勉強会を設け、お客様本位の業務運営に対する意識向上を図ります。
  • 「お客様の満足度調査」といったアンケート調査を定期的に実施いたします。調査内容は役職員全員が共有し、お客様本位の営業姿勢を貫く動機づけとし、当社のサービス向上に繋げてまいります。
  • お客様からの苦情・ご要望等については、貴重なご意見として誠実かつ迅速にお応えするよう努めております。投資アドバイザーへのご意見等は本人にフィードバックし、よりお客様のご意向に沿った対応を講じます。加えて、関係する部署への周知とともに、定例の取締役会でも情報共有し、適切なガバナンス体制を構築してまいります。

以上