注文方法及び注文の種類(商品先物取引)

ここでは、取引ツールからの発注方法及びご利用いただける注文の種類などをご説明いたします。

いつでも、どの画面からでも、すぐに発注!

各種カテゴリーから発注画面を起動

chart_225_05

相場表、チャート上など現在価格を確認いただきながらすぐにご発注いただくことが可能です。また、デイトレード専用のトレード画面など、取引スタイルに応じた発注画面も用意しています。

注文の種類

  • 指値注文(LO)
    価格を指定する注文。買指値を出した時点で、価格が買指値より安い場合は、その安い価格で買えます。また、その反対に売指値を出した時点で、価格が売指値より高い場合はその高い価格で売れます。 ※注文は指値がついても必ずしも約定しないケースがありますので、ご注意ください。
  • 成行注文(MO)
    価格にこだわらず、いくらでもいいから売るまたは買う注文。
  • STOP注文(SO+MO)
    ストップ注文は、「逆指値注文(ストップオーダー)」とも呼ばれ、現在提示されている実勢価格ではなく、ある価格以下になったら売る、ある価格以上になったら買うという指値注文と逆の注文方法をいいます。
  • STL注文(SO+LO)
    ストップリミットオーダーとは、買いの場合は「指定した価格より高くなったら買い」、売りの場合は「指定した価格より安くなったら売り」という条件付きの指値注文のことです。

執行数量条件

FAS(フィル・アンド・ストア) 一部約定後に未執行数量が残るとき、その残数量を有効とする条件
FAK(フィル・アンド・キル) 一部約定後に未執行数量が残るとき、その残数量を失効させる条件
FOK(フィル・オア・キル) 全数量が直ちに約定しない場合は、その全数量を失効させる条件

商品先物取引コンテンツ