お取引の重要事項

委託者相談窓口

商品先物取引に関してご不明な点があった場合には、担当営業員、もしくは当社業務部までお問い合わせください。

プレミア証券株式会社 業務部
電話:03-5652-3801
受付時間 8:00~18:00(土日、祝祭日を除く)

日本商品先物取引協会では「相談センター」を設置し、会員の商品先物取引業に関する苦情、紛争の申し出を受けており、迅速かつ適正な解決に努めております。また、紛争を解決するための仲介手続きの窓口として設置・運営されている機関です。

日本商品先物取引協会「相談センター」
ご案内リーフレット
電話:03-3664-6243
受付時間 9:00~12:00、13:00~17:00(土日、祝祭日を除く)

商品先物取引のリスク等について

リスクについて

商品先物取引では、商品市場の相場が予測に反して変動したときには損失が生ずるおそれがあります。お客様が預託する証拠金の額に比べて取引金額が大きいため、その損失の額が預託する証拠金の額を上回ることがあります。

レバレッジについて

商品先物取引は証拠金取引であり、取引に際して預託する証拠金の額は、総取引金額に対しておおむね数倍から数十倍程度の額であり、総取引金額に比較して少額となります。そのため、商品市場における相場の変動幅が小さくても、大きな額の利益または損失が生じることのあるハイリスク・ハイリターンの取引です。

取引証拠金について

商品先物取引は委託に際して取引証拠金の預託が必要になります。最初に預託する取引証拠金は銘柄によって異なります。また、その後の相場変動によって、追加の預託が必要になることがあります。最新の証拠金額については、こちらをご参照ください。

委託手数料について

商品先物取引の委託には委託手数料がかかります。プレミアOneの場合は銘柄によって異なり、最低取引単位(1枚)当たり最高で10,000円(片道税込み)かかります。詳しくは、こちらをご覧ください。

※詳しくは、契約締結前交付書面をご覧ください。