知っておきたい基本用語

知っておきたい基本用語

『日経225先物取引』とは、日経平均株価(日経225)という株価指数を対象とし、「決められた将来の期日に、現段階で決められた価格で売買することを約束する」取引です。また、最近個人投資家の間で人気の『日経225ミニ取引』は、この『日経225先物取引』の1/10のミニサイズとなる商品で『日経225先物取引』のメリットはそのまま!より少ない資金から取引が可能です。

知っておきたい基本用語

SQ(スペシャルクォーテーション)

日経225先物取引は限月の第2金曜日が満期日です。取引ができるのは、その前日までですが、この日までに決済の行われていない建玉は、日経225構成銘柄の寄付値をもとにした数値が算出されれるSQ(特別清算指数=special quotation)で強制的に清算が行われます。SQが算出される日は、SQ算出日、略してSQ日と呼ばれます。

限月(げんげつ)

日経225先物取引の売買約定を決済しなければならない月のこと。各限月の第2金曜日の前日が取引最終日となります。
日経225先物取引の銘柄は、「3、6、9、12月」、日経225ミニの銘柄は「毎月」、限月が設定されています。 SQ日が到来し、一つの限月の取引が終了すると、新しい限月の銘柄の取引が開始されます。

保証金(証拠金)

保証金とは、取引するための資金のことです。日経225先物では、その資金を「担保」として、その資金以上の取引をするために、「証拠金」と呼ばれます。
また、取引で生じた損益は、証拠金に反映され、損失が生じると証拠金が減ることになります。

建玉(たてぎょく)/ポジション

建玉(ポジション)とは、売買が成立した取引で未決済のものをいいます。新規に売り約定したものは「売建玉」、買い約定したものは「買建玉」といいます。
その後、決済注文をすることで建玉(ポジション)を清算し、損益を確定します。

初心者の方におすすめの取引スタイル「コンシェルジュコース」

こんなお悩みをお持ちなら、「コンシェルジュコース」サービスがオススメです。

「コンシェルジュコース」サービスでは、オンライン取引はもちろんのこと、当社スタッフがお客様の投資目的や投資スタイル、リスク許容度等に合わせて、アドバイスを行います。また、お電話による発注・決済も可能です。

225_001

  • プロの情報・アドバイスを受けたい。
  • パソコンの操作が苦手で自信がない。
  • オンラインと電話、どちらでも注文したい。
  • リスク管理の方法をプロから学びたい。
  • どんなことでも気軽に相談したい。
  • マーケットの急変に素早く対応したい。

※日経225、株式(信用)の口座開設には株式(現株)口座開設が必須となります。


日経225まるわかりガイドコンテンツ